北坂戸(坂戸)の歯科・歯医者・入れ歯なら「もりや歯科」へ

北坂戸(坂戸)の歯科・歯医者・入れ歯なら「もりや歯科」へ

 049-280-5117

〒350-0275 埼玉県坂戸市伊豆の山町4-57

お待たせしない予約優先制

インビザライン体験談 治療開始

前歯のねじれと重なりが気になる(インビザライン体験記:30代女性)【ケース18】その2

投稿日:

埼玉県坂戸市(東武東上線 北坂戸駅 徒歩10分)にある、もりや歯科 院長 森谷良行(もりやよしゆき)です。

いきなりですが、患者さんの感想を読んで下さい。

〜〜〜〜以下、患者さんの感想〜〜〜〜

治療開始初日は、下の歯のほぼすべての間を削り、上の歯にはたくさんのアタッチメントをつけました。歯の間を削る時、自分の歯の部分は特に問題なかったのですが、私は詰め物や被せものなどの人工物が多いのでそれらを削る時が振動も強く伝わってきて少し大変でした。

アタッチメントは数が多いからなのか想像以上の違和感で、初日は食事中に唇の内側にチクチクと当たって痛く、食事が全然美味しく感じられず辛かったです。でも翌日、翌々日と段々と違和感はなくなり、3日目には全く気にならなくなりました。

アライナーの着脱についてはかなり苦労しました。下側は何度か練習すれば外せるようになったのですが、上の歯がかなり固くはまっていて、何度やっても自分の爪が負けてしまい外せず、夫に外してもらうという状況でした。翌日先生に相談したところ、治療をキチンと進めるためにはアライナーを加工したりするのはよくないので練習あるのみ、とのことで、覚悟を決めて練習し何とか外せるようになりました。結構力いっぱい外しても大丈夫なようです。
この様に私の着脱が下手なせいで、アタッチメントが2日目に2か所、3日目に1か所取れてしまいましたが、すぐに対応していただいて感謝です。

アライナーの装着感は、初日は圧迫感というか歯を押されている痛みがありました。またアライナーを外した直後、着けた直後も痛みがあります。私は夜間の食いしばりがあるのですが、食いしばりの強かった日の朝の歯の痛みに似ています。

初日は特に上記のアタッチメントの痛みとアライナーの着脱の苦労と歯の痛みで、矯正を始めたことを一瞬後悔しましたが(笑)、6日経った今はどれも気にならなくなりました。

3食、食事を取る直前に外して食べたらすぐ歯磨きをして装着すると、一日22時間くらい装着できています。なので、1食くらいならゆっくり外食したり、3時のおやつを取ったりする余裕はありそうだなぁと思っています。

最後に、頂いてきたアライナーを見比べるとあと何ヶ月でどんな歯並びになるかというのがわかるので、やる気がでます。まだ先は長いですがこれを見ながら頑張ろうと思います。

〜〜〜〜以上〜〜〜〜

【イラストを見て左側が治療前、右側が治療後の状態です。正面から観たイラスト】

【イラストを見て左側が治療前、右側が治療後の状態です。上の歯の噛む面から観たイラスト】

【イラストを見て左側が治療前、右側が治療後の状態です。下の歯の噛む面から観たイラスト】

インビザライン矯正の特徴として、歯と歯の間を削ることがある。歯の表面にアタッチメントという小さな装置をつけることがあることです。感想にも書いてありますが、大変なときもありますがゴールへ向かうための一歩として捉えて貰えると有り難いです。また、歯を抜かないで出来ることが多くあるのも特徴です。

【治療相談時のブログ】https://moriyashika.com/archives/3012

  • この記事を書いた人

歯学博士 森谷良行

平成8年 日本大学歯学部卒業
平成8年 河野歯科医院にて勤務
平成11年 リバーサイド歯科クリニックにて勤務
平成13年 北坂戸に「もりや歯科」開業

平成8年 歯学学士取得(日大7369号)
平成14年 歯学博士取得(日大第6004号)
平成19年 厚生労働省より臨床研修施設として認定(研修施設番号070255)
平成30年 特許取得(「義歯の製造方法(特許第6454772号)」)

特定非営利活動法人一歯一心会 理事長/日本ヘルスケア歯科学会 オピニオンメンバー/日本歯周病学会 会員/日本補綴歯科学会 会員/中野予防歯科研究会 会員/歯顎矯正研究会 会員

-インビザライン体験談, 治療開始

Copyright© 北坂戸(坂戸)の歯科・歯医者・入れ歯なら「もりや歯科」へ , 2021 All Rights Reserved.