北坂戸(坂戸)の歯科・歯医者・入れ歯なら「もりや歯科」へ

北坂戸(坂戸)の歯科・歯医者・入れ歯なら「もりや歯科」へ

 049-280-5117

〒350-0275 埼玉県坂戸市伊豆の山町4-57

お待たせしない予約優先制

入れ歯 院長ブログ

40歳になる前に1本でも歯を失っている時は要注意!!

投稿日:

埼玉県坂戸市(東武東上線 北坂戸駅 徒歩10分)にある、もりや歯科 院長 森谷良行(もりやよしゆき)です。

酷な宣言とは思いますが、40歳になる前に1本でも歯を失っている方は50歳になる前に数本の歯を失うリスクが高いです。どのくらい高いかは状況によって違いますが、最大で10倍以上です(当社比)。

40代女性の下の歯の写真です。奥歯を左右で3本失っています。失った原因は定かではありませんが恐らく虫歯で失っていると思います。

40代女性の正面からの写真です。残っている歯の全てが虫歯になっています。失った原因は定かではありませんが恐らく虫歯で失っていると思います。

40代男性の正面から観た写真です。ムシ歯とし歯周病が進行しています。歯の治療にトラウマがあり、治療自体が嫌になってしまった結果としてこのような状態になってしまいました。

治療前後の状態は別ブログでまとめていますのでご興味がある方は下記リンクから読んで下さい。

上下総入れ歯を入れて人生が変わった(40代男性)

40代男性の正面から見た写真です。歯周病で歯がグラグラになって抜いていたら噛みづらくなった患者さんです。歯周病が進行した本当の原因を見付けることは難しいとは思いますが、原因のとして喫煙していること、歯周病厳禁への抵抗力が弱いこと、歯周病治療を適切に行わなかったことが考えられます。

50代女性の正面から観た写真です。頑張って治療はしているのですが治療した歯が虫歯になって駄目になっています。

 

5つの写真を観て貰いましたが、この全てに共通しているのはすべての歯が問題なかった時期があると言うことです。恐らく20代中盤ぐらいまでに適切な治療と対策をしていればこのような状態にならなかったのではと思っています。極端な例を観て貰いましたが1本ぐらい歯を失っても大丈夫でしょって思わないで下さい。たった1本からドンドン歯を失ってしまうことがあります。自分の指が1本病気で失っても同じように思いますか?恐らく思いませんよね。同じぐらい歯も大事に考えて下さい。

70代男性のレントゲン写真です。歯を全て失っていますが今まで入れ歯を入れたことはありません。歯がなくても工夫をすれば食事をすることも命を失うこともないかもしれません。食事を調理する工夫、食事を食べる工夫を考える知恵を持っていますし、自然界で人間の生命を脅かすような天敵がほぼいません。だから、歯を失っても生きていくことはできます。自然界では歯を少しでも欠けただけで生命の危機だそうです。ぶっちゃけですが、歯を失っても命を失うことは希だとはおもいますが、ジワジワと命を削って寿命を短くしているのではないかと私自身は考えています。計測することは難しいことなので誰も把握できていません。

最後になりましたが、対策はする事が出来ます。早ければ早いほど効果も高まりますし可能性も高まります。虫歯も歯周病も本来は希な病気と言われています。自分の身に起きていることにはある程度の理由があります。その理由をできるだけ解明して対策を講じることができれば問題は小さくなります。虫歯と歯周病だけがお口の中の病気ではありませんが、この二つの病気への対策をしっかりと行っていることが歯を失うリスクを大幅に軽減させることができます。虫歯と歯周病になんでなるのかを解っている歯科医院で,継続的な定期健診(メインテナンス)をすることをオススメします。

  • この記事を書いた人

歯学博士 森谷良行

平成8年 日本大学歯学部卒業
平成8年 河野歯科医院にて勤務
平成11年 リバーサイド歯科クリニックにて勤務
平成13年 北坂戸に「もりや歯科」開業

平成8年 歯学学士取得(日大7369号)
平成14年 歯学博士取得(日大第6004号)
平成19年 厚生労働省より臨床研修施設として認定(研修施設番号070255)
平成30年 特許取得(「義歯の製造方法(特許第6454772号)」)

特定非営利活動法人一歯一心会 理事長/日本ヘルスケア歯科学会 オピニオンメンバー/日本歯周病学会 会員/日本補綴歯科学会 会員/中野予防歯科研究会 会員/歯顎矯正研究会 会員

-入れ歯, 院長ブログ

Copyright© 北坂戸(坂戸)の歯科・歯医者・入れ歯なら「もりや歯科」へ , 2023 All Rights Reserved.