北坂戸(坂戸)の歯科・歯医者・入れ歯なら「もりや歯科」へ

北坂戸(坂戸)の歯科・歯医者・入れ歯なら「もりや歯科」へ

 049-280-5117

〒350-0275 埼玉県坂戸市伊豆の山町4-57

お待たせしない予約優先制

インビザライン体験談 治療中(前半)

歯と歯の隙間(すきっ歯)が気になる(インビザライン体験記:10代女性のケース)【ケース3】その3

投稿日:

埼玉県坂戸市(東武東上線 北坂戸駅 徒歩10分)にある、もりや歯科 院長 森谷良行(もりやよしゆき)です。

 

治療計画の半分を超えました。全18ステージ中、現在は10ステージです。もりや歯科では、1ステージ10日間としていますので、治療を開始して90日ちょっと経ちました。

  

【治療前の状態】→【治療開始90日経過】

 

如何ですか。90日間、約3ヶ月間でここまで良くなってきました。本人も日々変化していることを楽しみにしているようです。

〜〜〜〜以下、患者さんの感想〜〜〜〜

【2021年9月19日(日)、治療中】インビザライン矯正治療を始めて、3ヶ月が経ちました。18ステージ中のちょうど中間地点を過ぎ、今日から後半戦で10番目のマウスピースをつけたところです。気になっていた前歯の隙間は、だいぶ閉じてきたように見えます。また、矯正前は上の前歯が下の歯に被さりすぎていたのですが、それも改善されたように見えます。歯を閉じた時に、下の歯がちゃんと見えるので、本人もびっくりしていました。ちゃんと上下共に矯正されているんだなぁと実感できます。しかし、新しいマウスピースに付け替えた日から3日間くらいは、歯が痛くて授業中もイライラしてしまい、ストレスに感じる時もあるようです。また、通院回数が思ったより少ないのも意外でした。中学生の娘はいつもお疲れですぐ寝てしまいますし、通院回数が多ければそれだけ金額もかさみますので、とてもありがたいと思います。最近中学校での歯磨きが許可され、娘も磨いてくるようになり、時間がなかった時は帰宅後にすぐ歯磨きをするようにしています。毎日きちんとケアをして、虫歯にならないよう気をつけて、10日毎に新しいマウスピースに変えるということを、これからも忘れずに継続していきたいと思います。

〜〜〜〜以上〜〜〜〜

中学生ぐらいの年齢の子達の矯正治療は、ご両親の支えが大きくなります。経済的なこともですが、精神的な負担に対するサポートが大事になります。私たちは治療にきたときだけのサポートになります。日々過程で起きていることに一つ一つサポートしてもらっていますので、ご家族のサポートが成功の秘訣と言っても良いです。当たり前ですが、本人の頑張りも素晴らしいからこそ今回のケースのように良い結果となっています。

コロナ禍と言うことで、学校生活もいろいろと変化があり大変なようです。大変だけどいろいろと工夫をしているようです。その一端を教えてもらったのでシェアします。

〜〜〜〜以下、患者さんの感想〜〜〜〜

学校ではどうしても、給食当番や給食前の移動教室などで時間が無くて、マウスピースを外したり、また着けたりするのが大変な時もあるようですが、なんとか段取りを工夫して対処しているようです。家でも装着前の歯磨きや、マウスピースのお手入れなどこまめにやっていて、装着忘れの声がけにも素直に応じてくれるているので(眠い時は不機嫌ですが‥)、順調に治療が進んでいるのかなと思っています。

〜〜〜〜以上〜〜〜〜

親子の頑張りに感謝

 

治療計画相談時のブログ:https://moriyashika.com/archives/2731

治療開始時のブログ:https://moriyashika.com/archives/2809

  • この記事を書いた人

歯学博士 森谷良行

平成8年 日本大学歯学部卒業
平成8年 河野歯科医院にて勤務
平成11年 リバーサイド歯科クリニックにて勤務
平成13年 北坂戸に「もりや歯科」開業

平成8年 歯学学士取得(日大7369号)
平成14年 歯学博士取得(日大第6004号)
平成19年 厚生労働省より臨床研修施設として認定(研修施設番号070255)
平成30年 特許取得(「義歯の製造方法(特許第6454772号)」)

特定非営利活動法人一歯一心会 理事長/日本ヘルスケア歯科学会 オピニオンメンバー/日本歯周病学会 会員/日本補綴歯科学会 会員/中野予防歯科研究会 会員/歯顎矯正研究会 会員

-インビザライン体験談, 治療中(前半)

Copyright© 北坂戸(坂戸)の歯科・歯医者・入れ歯なら「もりや歯科」へ , 2021 All Rights Reserved.